高成長企業が導入するクラウドERP

高成長する企業の間でクラウドERPが普及している現状

アメリカや中国を中心に世界中で急激に業績を伸ばす企業が登場している一方、日本ではなかなかそうしたケースが見られないといわれています。その理由にはさまざまな事情がかかわっているわけですが、そのひとつに非効率的な経営環境や業務体質がよく挙げられます。何をやるにも時間がかかり、意思決定が遅い。その結果せっかくのビジネスチャンスを逸してしまう…。企業の規模を問わず、こうした問題を抱えているところが多いというのです。

こうした現状の一方、クラウドERPの導入が世界中で加速的に進んでいます。北米においては多くの企業が導入し、高成長企業においてはもはや導入しているのが当たり前とも言われているほどです。それに対して日本ではまだこのシステムの導入はまだまだ進んでいないともいわれており、これが高成長する企業の登場や積極的な海外進出の妨げになっているとも考えられているのです。

クラウドERPがもたらす高成長をもたらす3つの秘密

ではどうして成長している企業ほどこのERPが導入されているのか?その理由は大きく3つ考えられます。まずデータの「見える化」です。つまりビジネスで扱うことになる膨大なデータを整理・管理し、目に見える形で状況を把握しやすい環境を作ることができるのです。

GAFAに代表されるようにビッグデータの収集・活用が大きなビジネスチャンスを生み出すことになるのが現代のビジネスシーンにおける「常識」です。しかしデータを集めれば集めるほど膨大な量になり整理と管理が難しくなっていくのも事実。

単に一生懸命集めるだけではかえってもてあましてしまい、有効に活用するどころか「宝の持ち腐れ」になりかねません。それだけならまだよいのですが、ネット社会の現代では管理できていない情報が流出するリスクも抱えています。顧客データの流出がその企業の信頼・ブランドイメージをどれだけ傷つけることになるか。強固なブランドイメージを持つ企業ならともかく、中小クラスの企業では致命的なものになりかねません。

クラウドタイプのERPなら膨大なデータも一元化したうえで整理・管理ができるようになります。しかもクラウド環境ですから時間や場所の拘束を受けないのも大きな魅力です。たとえば日本とアメリカに拠点を設けている企業がそれぞれのデータを一元化したうえでいつでもチェックし、状況を把握することができるのです。本社と支社、支社同士の連携が緊密になるため、リスク管理や勝負どころでの資本やマーケティングの集中といった意思決定も迅速に行うことができます。

2つ目は離れた拠点同士の連携ともかかわってくる部分ですが、グローバルな状況に対応した環境で利用できる点です。需要の増加により加速度的に機能が向上しているERPツールではグローバル規模での利用を念頭に入れた機能を搭載しているものも少なくありません。

たとえば現地の言語や通貨に対応することで異なる国同士の売り上げや収支などを簡単に比較し、「見える化」できる環境を整えることができます。こうした利便性だけでなく、現地の言葉でITソフトや機器を扱えるスタッフを用意するといった人手の問題も軽減できるのも大きな魅力です。

3つ目はデータ分析やレポートの作成を自動で行える点です。膨大なデータを一元化して整理した状況の下でツールがデータ分析やプランニングを行ってくれます。人間の予測のように希望的観測が含まれることもなく、あくまでデータと数字に基づいた分析なのでより正確なものが期待できます。

事業の拡大や海外進出など企業を成長させるチャンスにはどうしてもリスクが伴うもの。そのリスクをできるだけ減らしつつ、効率よくチャンスを導き出す環境をERPが用意してくれるわけです。

さらにひとつのシステムですべてのデータを管理することができますから、生産性の向上はもちろん、コストダウンの面でも非常に大きなメリットが期待できます。また導入したクラウドERPを扱うことができる人材はグループのどこに異動しても同一の生産性を発揮できることになります。複数のシステムを導入するとそれぞれに適材適所が求められるので生産性の維持が難しくなるものです。単純な人為ミスが減ることになるロスを避けられる点も見逃せないでしょう。

まとめ

クラウドタイプのERPにはこうした企業の高成長をサポートする利点が備わっています。これまで挙げてきた面だけでも成長している企業がこのシステムを導入している理由が理解できるのではないでしょうか。

そして何より、従来の大規模な基幹システムに比べて導入コストも低く、大企業でなくても導入できる点が魅力です。つまり中小企業がERPを導入することによって急成長し、海外進出を含めたさまざまな分野で活躍するチャンスを得られるというわけです。このシステムを導入すれば大企業を相手に、さらには世界を相手に高成長を目指していくことができる。そんな夢と可能性をもたらしてくれるシステムと評価してもよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です