医療機器販売業界と相性のよいクラウドERP

医療機器販売が抱えている課題とは?

医療機器販売の業界はかなり特殊な業界であり、ビジネスチャンスを掴むためには他の業種にはないさまざまなハードルをクリアしていく必要があります。基本的に顧客は医療業界ということになりますし、独自の販売ルートや流通網が必要になるほか、製品の品質や機能のアピール、在庫管理などにも独特のやり方が求められるからです。

医療機器を扱っている企業が抱えている課題は大きく3つに分けることができるでしょう。まず在庫の適切な管理。何しろ増産がそう簡単ではない業界ですから、需要が増加したときに在庫を確保できないとせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねません。それどころか医療機器は必要なときに提供できるかどうかで医療機関の治療体制にも大きな影響を及ぼします。「必要なときに製品を調達してくれない会社」というイメージを医療機関にもたれてしまうと、それだけに経営に大きなダメージがもたらされてしまいます。

システムの面からこの問題を見ると、システム上における在庫管理と実際の在庫の間にズレが生じ、出荷の際に確保できるのかという問題もあります。こうした現場とデータを管理する立場との情報管理のズレはさまざまな業界で見られますが、在庫の管理にとくに慎重さが求められ、特別な環境での管理が求められる医療機器の場合はとくにデータの更新や管理が難しくなりやすく、こうした問題もよく見られます。

2つ目の課題は顧客情報の管理です。この業界では実際に製造しているメーカーが医療機関に販売するだけでなく、リース会社に販売したうえで医療機器に貸し出されるケースもよく見られます。後者の場合、製造・販売している会社は最終的に製品がどこに届くのか把握するのが難しく、どの医療機関が自分たちの製品を頻繁に使ってくれているのかもわかりづらいのです。それでは的を絞ったマーケティングが難しく、もっぱらリース会社のマーケティングに任せるような環境になってしまいます。システム面で顧客情報を管理しようにもこれでは精度の高い情報は得られないでしょう。

3つ目の問題は販売・流通システムに合ったシステムを構築することができるかです。先ほどのリース契約も含め、医療機器を扱う業界の販売・物流のシステムは他の業界とは違った独特のものがあります。単品の製品ではなく関連した製品を一式で販売することもありますし、商品ごとに保守・管理が求められるなど継続的な関係を結ぶことも珍しくありません。こうした環境にあったデータの管理や分析ができるシステムを構築できるか、またその管理の手間や人件費を削減できるかも大事な部分になってきます。

クラウドERPがもたらすメリットとは?

こうした3つの課題をクリアするうえでクラウドERPは非常に優れたメリットを備えています。まずデータの一元化による整理と管理が可能になり、拠点同士の情報をリアルタイムで共有することができるようになります。これはクラウドシステムならではの利点です。システム上と実際の在庫情報をほぼリアルタイムの状況で共有していれば、在庫のズレが大幅に生じることもありませんし、注文があったときに在庫の確認をする手間も軽減することができるのです。

このデータの一元化は可視化、つまり「見える化」ももたらします。リース会社に販売した場合でも最終的な顧客のデータを管理し、入金処理においても個人の名義をデータとして蓄積させることでより精度の高い顧客情報を作成することができます。しかもクラウドERPにはデータ分析を自動で行う機能がついているものも多く、精度の高い顧客情報を作成すればするほど客観的で正確なデータが作られ、需要予測やマーケティングのプランニングなどの事業展開に役立ていくことができます。

さらにクラウドシステムによる膨大な情報の管理が可能になったことで流通経路、入金処理などの把握を簡単に行うことができることでどの顧客にどの機器をどういったルートで販売すればよいのかを把握しやすくなります。さらに得意先のデータを適切な管理することで請求書発行の自動化などによる業務の効率化も実現可能です。

まとめ

このように医療機器販売を扱っている企業ならではの課題もERPを導入することでかなり軽減することができます。より集中的なマーケティングが可能になり、しっかりとした在庫管理で顧客のニーズに応えることができるようになる。これだけでも非常に大きなメリットですが、精度の高いデータ分析による「先回りした」マーケティングも可能になります。得意先が求める機器をひと足先に提案・準備できるような環境があれば信頼関係をより深め、より緊密な関係の下でよい取引関係を築いていくことができるようになるでしょう。

しかも従来の基幹システムに比べて低コストでの導入も可能、専門的な知識がとくになくても扱いやすいといったメリットもあり、人件費の削減や専門的なスタッフが退社したことで業務に支障をきたすといった問題を抱えにくいメリットも見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です