ERPの導入事例でその可能性を探る!

ERPが幅広い業種で導入が進む!

クラウドシステムのメリットが指摘されているなか、クラウド型ERPを積極的に導入する企業が増えています。大きな特徴として挙げられるのは最新の技術や設備を積極的に導入することが多い大企業だけでなく、中堅クラスの企業の間でも導入する例が増えていることです。これは従来のクラウドシステムや基幹システムに比べてERPが低コストで導入しやすいこと、導入までの時間がかからないことといったメリットが背景にあります。

しかも業種を問わず導入する例が増えているのも際立った特徴として挙げられるでしょう。製造業や流通業、さらに食品業界、化学業界、国際規模でグローバルな事業展開を行っている企業まで、さまざまな業種や事業内容の間で積極的な活用が見られるようになっているのです。

導入事例から見る可能性は?

どうしてそれほど積極的な導入が相次いでいるのか?それを知ることはこのシステムのメリットや可能性を探ることにもなるでしょう。幅広い業種で導入されているということはそれだけ汎用性に優れていることを意味していますし、企業の規模を問わず導入されているということはシステムの規模にも融通性があることになります。実際の事例を見ればそうした特長や可能性を見ていくこともできるでしょう。

事例でとくに多いのがグローバル展開を志向している企業の間での導入です。海外、とりわけ海外に現地法人を設立している会社が業務処理をスムーズ・スピーディーに行うために導入するのです。こうした事例における最大のメリットとなるのがタイムリー・スピーディーな情報の共有です。

本店と現地法人の間で必要な経営状況をどれだけうまく共有できるか、現在の世界のビジネスにおいてはスピードが重視されます。グローバルな展開がうまく拡大していけばいくほどこの問題が浮上することが多く、その解決方法としてこのシステムは非常にメリットが大きいのです。

導入することで販売や製造、原価計算といったさまざまな業務に関する情報を可視化し、本社と現地法人の間でスムーズな情報の共有ができるようになります。とくに原価計算や予実への対応性に優れたパッケージが好まれています。こうしたシステムによって月次の決算の期間を短縮することに成功するなど効率化のメリットが見られています。

また融通性・柔軟性を重視して導入する事例も見られます。とくにある程度規模な大きな会社の場合、すでに基幹システムを導入しており、全面的な刷新はコスト的にも難しいケースも見られます。そこで既存のシステムとの親和性も高く、うまく連携しつつ既存のデータを活用できる環境を求めて導入する傾向が見られるのです。

こうしたケースでは既存のシステムを活かしつつ新しいシステムのメリットを取り入れ柔軟にカスタマイズしながら事業によって最適な環境を構築していくことができるのがメリットになっています。先ほど導入が進んでいる背景にはコストや時間がかからない点があると書きましたが、このように既存のシステムとの共存という観点でもメリットが見られるわけです。

使いやすさを評価する声も

そしてもうひとつ導入するケースで見られるのが操作しやすさ。中小企業ではITスキルを備えた人材を確保するのが難しい問題を抱えていますし、大企業でも現場ではスタッフのITスキルにかなりの差が見られるものです。従来のシステムでは専門的な知識を持ったスタッフしか扱えないことが多かったのがこのシステムを導入することで幅広いスタッフが扱えるようになり、より業務に積極的に活用できるようになった、という事例がよく見られます。

またグローバル展開とも重なる部分ですが、多くの支社・支店を展開している規模の大きな企業の間ではこのシステムを活用したネットワーク網を構築するために導入するケースが見られます。先ほど挙げたスムーズな情報の活用はもちろん、導入コストが少ないため、小さな支店・支社でも導入しやすく、また子会社にも導入することで大きなネットワークを築くことも可能です。導入によって支店や子会社の規模や業種を問わず平等にシステムを活用できる環境を構築できたケースが少なくありません。支店・子会社が自分たちで管理・保守できる点も大きなメリットになっているのでしょう。

まとめ

このように幅広い業種で導入が進んでいる背景にはクラウドシステムを活用したスムーズに導入と柔軟性、そしてグローバルな展開を可能にする機能があります。それだけに特定の業種に向いているシステムではなく、業種・規模を問わず幅広い企業が現代ビジネスに対応していくうえで役立つシステムといえるでしょう。先行きが不透明なビジネスシーンだからこそ、可視化と効率化によるリスクヘッジを行いつつ積極的に展開を行っていく姿勢が問われるといわれています。このシステムはそうした現代ビジネスにピッタリな面があるからこそ、導入が進んでいるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です