人件費のプランニングのポイントとAdaptive Insightsの活用

人件費の削減と効率化のバランス

かつて人件費の削減といえばもっぱらコストカット、出費を減らして利益を上げる観点から重視されていましたが、現代ビジネスにおいてはより幅広く、重要な観点も加わるようになっています。

人手不足が深刻な状況になっている現代日本においていかに少ない人員で効率よく業務を行っていくことができるかはもはや企業にとって死活問題になりつつありますし、ERPなどクラウドシステムを導入した場合、むしろ少人数のほうが効率よく業務ができる面があるからです。

そうなるとただ出費を減らすだけのために人にかけるお金を減らすわけにはいかず、効率化とのバランスをしっかりとっていく必要があります。不景気の時の大量リストラに見られたように「事業を縮小して利益を確保する」やり方ではなく、人にかけるお金を抑えつつ事業規模を拡大し、より高い収益を目指す積極的な視点が求められるようになるからです。

人件費の削減における3つのポイント

しかしこれがなかなん難しく、さまざまなアプローチからの効率化や削減を目指していく必要があります。たとえば給料やボーナスの削減、単に従業員をリストラして人数を減らすといったやり方ではうまくいきません。従業員の働く意欲や健康状態なども踏まえたうえでの対策が求められます。

そこでクローズアップされるのがクラウドの導入による作業の効率化・簡略化です。たとえばプロジェクトのプランニングにおいては膨大な情報収集や意見の決定、準備といった手順が必要になりますが、クラウドソフトを活用すればこうした多くの作業を自動化させることもできます。

こうしたシステムにデータを一元的に管理させることでモニタリングや分析を自動的に行うことができるようになり、こうした作業に時間やスタッフの動因が必要なくなるのです。

極端な話こうしたクラウドを管理できる人員がいればプロジェクトの計画における業務の多くをカバーすることができてしまいます。

費用の予算管理、予実管理、収益の予測といった数字に関連する業務もERPで行うことができます。現代ビジネスに扱う膨大な数字を人間が管理するとなるとそれこそスタッフの質・量の両方が求められますが、クラウドならデータを一元化したうえでスマートに管理できます。お金の流れやプロジェクトの進行状況などをリアルタイムで把握できますから、何か問題が生じたときにいち早く発見し、必要な対策・処置を行える点も魅力です。

2つ目のポイントはクラウド環境を活用できるシステムや機器の導入です。クラウドやERPを導入すればよいのではなく、会社の業務環境やプロジェクトに合ったシステムを導入しなければ意味がありません。

当然こうしたシステムは無料ではありませんから、無駄な出費が多いシステムを導入してしまうとせっかく人件費を減らしてもあまり効果が得られないことになりかねません。

そして3つ目は基本的な部分ですが、クラウド導入による効率化を従業員に還元することです。残業や休日出勤を減らすなど、従業員が心身ともに健康で働く意欲を持って業務の望める環境を作る。これは直接人にかけるお金の出費を減らす役には立ちませんが、払っている給料に対してスタッフから得られる労働の質を向上させる大きなメリットが得られます。

また、現代のビジネスシーンでは心の病による休職など従業員の健康リスクが大きな課題となっています。こうした事態が起こると企業の負担も大きくなってしまいます。人への出費を減らそうと従業員の負担をどんどん増やした結果かえってこうした形で企業に跳ね返ってくることも珍しくありません。

このように3つ目のポイントはERPをはじめとしたクラウドシステムがもたらす恩恵を会社が独占するのではなく、従業員にも及ぶような環境づくりを目指していくことが欠かせません。

Adaptive Insightsの活用を検討してみる

そんなクラウドシステムによる人への出費の軽減と業務の効率化のバランスを目指すうえで適しているのがAdaptive Insightsです。このシステムでは財務、運営のモデリング機能が優れており、さまざまなプロジェクトのプランニングや予算のモデリング、さらには継続的な収益予測などを行うことができます。

さらに分析やレポート作成も自動化できるので従業員の負担を大幅に減らしつつ、より正確で無駄のない業務を実現できるのも魅力です。

まとめ

このように人にかけるお金は単に減らせばよいのではなく、これまで人が行ってきた業務をシステムに肩代わりさせつつ、従業員の意欲や健康状態の改善も図るといった広い視野を見据えた対策が求められます。

人がやったほうがよい部分は人に、クラウドのほうが効率的なほうはクラウドに任せるといった分担がしっかりできるかに経営者の腕が問われる部分もあります。

そして忘れてはならないのはあくまで最終的な決定や実行を行うのは人間であること。いくら優秀なクラウドシステムを導入してもそれを扱う人間がしっかりしていなければ業績アップは見込めません。「人を育てる」ための出費は惜しまないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です