クラウドERPはグローバルなビジネスの拠点管理に便利!

グローバルな国際展開に適したシステム

幅広い業種に導入されるケースが増えているクラウド型ERP。従来の基幹システムとは異なるメリットが注目されています。その中でもとくにグローバル展開を目指している企業の間で高い評価を得ているの点が見逃せません。極端な話、これから国際規模で事業展開を検討している企業にとってこのシステムの導入は必須といっても過言ではないといわれています。

どうしてグローバルな展開にこのシステムが向いているのか?最大の特徴はタイムリー・スピーディーな情報の把握と共有にあります。国際展開における最大の問題点ともいえるのが本社と拠点との間のタイムラグです。業務処理などの経営情報を共有するために時間がかかってしまううえ、情報の把握がどうしても遅くなってしまいます。現地法人や支社の経営状況、現地の経済動向を本社が把握するのを遅れてしまうと決定も遅くなり、せっかくのビジネスチャンスをつぶしてしまうことにもなりかねません。さらに悪いことには問題が起こったときに改善の機会を逸してしまう事態も起こりかねないのです。

また月次決算などの書類作成においてもどうして必要な情報がタイムリーに得ることができずに時間がかかってしまうものです。しかしクラウド型ERPならこうした問題を一気に解決するポテンシャルを備えています。

クラウド型なので世界中で情報をリアルタイムで共有することができるため、本社が現地法人の経営把握を容易に行うことができます。しかも技術の進歩もあってこのシステムではレポートの作成や分析などを自動で行うことも可能になっており、経営状況の可視化をしやすいメリットも備えています。

ですから手動よりも格段に早く経営情報を可視化し、リアルタイムで現地の情報を把握することができるわけです。これに加えて人間による現地の状況の報告や今後の見通しなどを取り入れることでタイムリーな戦略を立てやすくなります。

先ほど挙げた月次決算をはじめとした書類作成もスピーディーに行うことができるようになります。事業の規模や内容によっても異なりますが、導入することで書類の作成が数日程度短縮することができるため、効率化にも役立つわけです。

現地の状況を本社が十分に把握できないまま任せきりになってしまう、気がついたときにはどうにもならないほど厳しい経営状況になってしまっていた…といった不測の事態を防ぐことができる点も見逃せないでしょう。

クラウドERPの技術の進歩と導入コストの低下も見逃せない

このシステムの導入メリットに導入コストの低さも挙げられます。従来の基幹システムのように導入に時間やコストがかかる状況ではなかなか活用が難しかった中小クラスの企業でもインターネット経由のこのシステムなら容易に導入しやすく、しかも煩雑な準備などもなく導入できます。

かつて事業の海外展開といえばもっぱら大企業が行うイメージがありましたが、現在では中小企業が積極的に行うケースが増えています。だからこそ、低コストで導入でき、現地と本社との連携もスムーズにできるこのシステムが求められているわけです。それだけに低コストで導入できるメリットは計り知れません。

また技術の進歩は先ほど触れたレポートの作成のような事業の管理や経営戦略に直接結びつく機能もこのシステムにもたらしました。とくにビジネスの可視化を行いやすく、国際展開に欠かせない予実管理に役立つ機能が備わっているのがポイントです。海外投資にはコストがかかる上に予算の範囲内でどれだけ目的を達成できるのか、状況を把握しながらの展開が求められます。人の判断だけでなくデータを活用した客観的な視点でそれを進めていくことができるわけです。

また技術の進歩で扱いも簡単になっており、スタッフが順応しやすい、ITスキルを問わずに扱えるといったメリットも見逃せません。国際展開する前にスタッフのITスキルを磨かなければならないといった手間も省くことができるわけです。

まとめ

もうひとつ挙げるとするとシステムそのものの安定性が増した点もあるでしょう。低コストで導入でき、安定した環境で利用できれば刻一刻と変化する国際ビジネスにおいて非常に強力な武器になってくれます。

このようにこのシステムはビジネスの国際展開を目指していくうえで非常に大きなメリットを備えています。とくに中小クラスの企業でも導入しやすい環境になっている点が現在積極的にこのシステムが活用されるようになっている大きな理由として挙げられるでしょう。

情報化社会が進む一方で膨大な情報をどううまく扱うことができるかがビジネスの成否を分ける大きなポイントとなっている現代のビジネスシーン。中小規模の企業であってもそうした膨大な情報の適切な扱いが求められています。このシステムはそんなデータを扱いつつ、状況の変化を可視化してわかりやすく経営戦略に役立てることができる点でも国際展開に適しているといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です